Rambut(ランブット) 育毛剤・発毛剤

Rambut(ランブット)効果を最大限に発揮させる使い方とは?!

更新日:



ランブット育毛剤は1週間に2回だけのケアでいいんです。

しかも使用方法がとても簡単。

週に2度だけのケアに加えて、使用法まで簡単って・・そんなんで大丈夫かな?ちゃんと効果出るのかな?

って思いますよね?・・ですが、大丈夫です!

きちんと使えばきちんした効果が期待できます。

ただ、もちろん正しく使用しないと髪に良い効果は得られません。

ぜひこの機会に正しいランブットの使い方を覚えましょう!

 

ランブット育毛剤の正しい使いかた

シャンプーで髪を洗う

ランブット育毛剤を使おうといしている方は薄毛の心配をしている方だと思うので、もうすでに育毛シャンプーを使用しているかもしれませんね。

もちろん育毛シャンプーでもいいですし、そうでない普通のものでも構いません。

シャンプーの種類よりも大切なのは、きちんと皮脂を洗い流すということです。

ランブット育毛剤の成分には洗浄効果が特別なものが含まれているので、シャンプーで、これがいいとか悪いということもありません。

お手持ちのシャンプーで一度髪を綺麗にしておきましょう。

 

ランブット育毛剤を塗る

次に、付属のカップにランブット育毛剤を出し、髪にまんべんなく塗ります。

髪自体に、そして頭皮にも届くようにしっかりと塗って、その後、軽く頭皮マッサージをしてください。

それから、そのままの状態で15分か20分間放置して、成分を頭皮に浸透させていきます。

イメージとしては、シャンプーで汚れを落とした後、ランブット育毛剤の成分を浸透させてフタをするという感じです。

 

最後に洗い流す

20分経ったら、最後にランブット育毛剤を洗い流します。

洗い流しちゃうの?と思う方もいるかもしれませんが、洗い流しても成分の浸透は続くので大丈夫です。

しかし、洗い流しても大丈夫とはいえ、シャンプーを使うとさすがに成分が流れてしまう可能性があるので、シャンプーは使わないほうがいいでしょう。

 

以上で終わりです。とっても簡単でしょ?

 

正しいシャンプーの方法でランブット育毛剤の効果を引き出す

こんなやり方をしていれば絶対にはげない!というようなシャンプーの仕方というのは、残念ながらありません。

しかし、頭皮を清潔に保ち、髪にとって良い頭皮環境を整えるような正しいシャンプーの仕方はあります。

つまり、正しいシャンプー法は、はげないシャンプーの仕方に一番近いということですね。

抜け毛や薄毛で悩んでいる方は、ぜひこの方法でシャンプーを実践してください。

 

正しいシャンプーの方法として次の7つのポイントはおさえておいてください。

  1. ブラッシング
  2. 素洗い
  3. シャンプーは手のひらで泡立てる
  4. 洗う時は指の腹で
  5. しっかりすすぐ
  6. トリートメントは毛先だけでよい
  7. しっかり乾かす

それでは、ポイントを一つずつ説明していきます。

 

ブラッシング

まず、髪を濡らす前することが一つ、それは髪をブラッシングすることです。

ブラッシングの目的は、ブラシの毛で頭皮を刺激して血行をよくすることと、頭皮や髪の毛の汚れを落とすことです。

血行が良くなると頭皮に栄養が届きやすくなり、汚れを落とすことでシャンプーの泡立ちがよくなるんですよ。

 

ブラッシングのコツとしては、髪の毛を保護するキューティクルの流れに逆らわないように、髪の根本から毛先に向けて行うことです。

また、頭皮はとても繊細なので、あまりガシガシせずに程よく刺激を感じるくらいの力でブラッシングすることを心がけてください。

些細なことですが、このひと手間を惜しまずシャンプー前の習慣にしてください。

 

素洗い

そしてさらにシャンプー前にひと手間かけてもらいたいのが、素洗いです。

シャンプー剤をつける前にお湯だけで一度頭を洗っておくと、ブラッシングでは取れなかった髪の汚れを、かなり落とすことができるんです。

素洗いは、ちょっとぬるめの38℃くらいの温度で、2、3分マッサージするように洗います。

素洗いは、汚れを落とすだけではなく、温かいお湯で揉み洗いして毛穴を開かせ、シャンプーで汚れを洗い流すための準備を整えるという目的もあるんです。

このとき、爪を使わず指の腹で頭皮を優しく揉むように洗うことを意識してください。

 

シャンプーは手のひらで泡立てる

さあ、下準備が済んだら次はいよいよシャンプーですが、いきなりシャンプー液を頭皮にベタッとつけたりしないでくださいね。

正しいシャンプーの仕方の中でも結構重要なポイントになるんですが、シャンプーはまず手のひらで泡立ててから使うようにしてください。

これがシャンプー液を頭皮に付けてから泡立てる方がすごく多いんです。

でも、そうしてしまうと使い過ぎにもなるし、液が頭皮の毛穴に詰まってすすいでも落としきれないことがあるんです。

頭皮と髪の健康のためにも、シャンプー液はまずしっかりと手で泡立ててから使いましょう。

 

洗う時は指の腹で

もちろん洗い方も大切です。

さきほどの素洗いの時と同じように、シャンプーで洗う時にも指の腹で地肌を優しくマッサージするように洗ってください。

指の腹を使うところがポイントで、爪を立てて洗ってしまうと、頭皮が炎症を起こす等の頭皮トラブルにつながる可能性があるので注意してください。

頭皮の毛穴まで泡を届かせて余分な皮脂を落とすには、優しい力で頭皮を揉みこむようにして洗うことが重要です。

頭皮に負担がかかる力強いゴシゴシ洗いも、はげないシャンプーの仕方を意識するのであれば、もちろんNGですよ!

 

しっかりすすぐ

あとは流すだけですが、2回ほどジャーっとお湯をかけて、はい、終り!ではシャンプーが残ってしまいます。

すすぎ残しがあると、毛穴が詰まって雑菌が繁殖し、かゆみの原因にもつながるので、シャンプーは2~3分かけてしっかりと洗い流してください。

すすぐ時も頭皮を揉むように洗うと、毛穴の泡までをしっかり流すことができます。

 

トリートメントは毛先だけでよい

トリートメントは頭皮を洗浄するものではなく髪のダメージを修復するものなので、頭皮に届く必要はありません。

頭皮にトリートメントがついてしまうと、毛穴が詰まるなどして頭皮環境が悪化する原因にのなってしまうので、毛先の方にだけつけてください。

そして、シャンプーと同じように、すすぎ残しがないようしっかりと流してください。

 

しっかり乾かす

最後はしっかりと乾かしましょう。

髪短いし大丈夫だろう・・なんて、きちんと乾かさないまま寝たりしていませんか?

濡れたまま放っておくと雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌が繁殖すると、かゆみやにおい、フケなどの原因となって頭皮環境を悪化させてしまうことになりますよ。

ドライヤーをかける時は、頭から20㎝くらい離して、根本から毛先に向かって乾かします。

また、髪の毛だけではなく頭皮も乾かすよう意識してほしいのですが、頭皮の乾燥もよくありません。

なので、必要以上に長くドライヤーをあて続けることはしないでください。

 

ランブット育毛剤を使う時の注意点

ランブット育毛剤を実践するにあたって、”とてもシンプルでありながら一番重要” な注意点を一つ言わせてください!

それは「書かれている使用方法だけを実行し継続する」ということです。

一番気を付けるべきは、ランブット育毛剤の使用方法が簡単すぎるがゆえに、余計なことをしてしまったり、継続をしなくなってしまうことなんです。

週に2回の使用でいいので、気が付くとうっかり使い忘れてしまってたりすることもあるかもしれません。

さらに忘れた分を次回にまとめて使ってしまったり・・

きちんとした使用法できちんと継続をしていれば効果を実感できるのに、これでは頭皮に成分がちゃんと行き届きません。

「書かれていることだけをきちんと行い、そして続ける」

簡単なようで意外と難しいことなのかもしれませんが、それをきちんと継続していれば効果は実感できるはずです。

 

まとめ

今回は、育毛剤を使う人もそうでない人も参考にしてほしい、正しいシャンプーの仕方も紹介しました。

正しいシャンプーで頭皮環境を整えたら、いよいよランブット育毛剤です。

とても簡単な使用法であるランブット育毛剤ですが、簡単だからこそ、使い忘れなどないようにきちんとした方法で使用しましょう。

 

更に詳しく
Rambut(ランブット)が効果ないってマジ?実際に買って使って検証します!みんなの口コミ、評判、レビューもあるよ!

薄毛が気になるし周りの目も気になる・・ でも、これまで色々やったけど効果なし・・ もう、この運命を受け入れるしかないんだ ...

続きを見る

 







よく読まれている記事

-Rambut(ランブット), 育毛剤・発毛剤

Copyright© 脱ハゲ!2323(フサフサ)ラボ♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.