育毛剤・発毛剤

育毛剤はドライヤーのタイミングが重要?!塗布前後で使うのがコツ!正しく風を送る方法とは?

投稿日:



薄毛で悩みを抱えている方の中で、育毛剤を使用している方も多いことでしょう。

毎日薄毛対策で育毛剤を継続して使用されていますか?

 

そこで1つ質問なのですが、皆さんはドライヤーをいつのタイミングで使っていますか?

育毛剤とドライヤーのどちらを先に使えばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

ドライヤーで髪を乾かしてから育毛剤を塗る方が、浸透力が高いと思っている方も多いでしょう。

しかし、塗布後は何もしないということになるので、育毛剤でベタつくのが少し気になるという方もいるのではないでしょうか?

 

また、育毛剤を先に塗ることで髪の毛のべたつき感を抑える事はできるが、ドライヤーの熱で育毛剤の効果が減少してしまわないか不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

 

ドライヤーを当てずに自然乾燥で済ますという方も多いかもしれませんね。

そのような方は今は大丈夫かもしれませんが、後々トラブルを引き起こしてしまう原因になるかもしれません。

 

皆さんはどちらに分かれるでしょうか?

それでは次にドライヤーと育毛剤はどのような順番で使えば良いのか検証しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ドライヤーのタイミングを間違えると育毛剤の効果も半減!?

せっかく良質な育毛剤を使用していても、ドライヤーの順番を間違えてしまうと効果を実感することができません。

育毛剤の効果を実感することができないので、長く継続して使っていても意味がないことになるのです。

 

髪の毛を洗った後のキレイな頭皮に育毛剤をつけるのは大前提です。

清潔な状態の頭皮に育毛剤をつけることで、より浸透力を高めることができます。

しかし、それよりも大切な事は頭皮の熱を冷ましてからつけることです。

そうすることで、より大きな効果を実感することができるのです。

 

熱を持っている状態のまま育毛剤をつけてしまうと、頭皮が蒸れてしまいます。

頭皮が蒸れると、雑菌が発生しやすくなってしまう危険性があります。

また、育毛に必要な成分も蒸発してしまう可能性があるので、あまり良くありません。

ですので、しっかり頭の熱を冷ましてから育毛剤を使用するようにしましょう。

 

正しい育毛剤とドライヤーの順番をチェック

では、育毛剤とドライヤーはどのような順でつければ良いのでしょうか?

 

次に、その工程について説明していきますので、自分のいつものお手入れと何が違うのか確認してみてください。

その違いを理解することで、今後のお手入れによる効果を実感しやすいかもしれません。

是非、下記でご紹介する方法を試して日ごろの生活習慣に取り入れてみてください!

 

まず、タオルドライをする

シャンプーで髪の毛の汚れを落として清潔にしたら、すぐにタオルドライをするようにしましょう。

 

「タオルドライ」

 

といっても、難しいものではなく、頭を洗った後にタオルで水分を拭き取る行為のことを指します。

 

皆さんは、タオルでゴシゴシと頭を擦るように水分を拭き取っていませんか?

この行為は摩擦で頭皮や髪の毛を傷つけてしまうので、優しく水分を拭き取ってあげるようにしましょう。

髪の毛が傷ついてしまうと余計に薄毛になってしまう原因にもなるので、気をつけてくださいね!

 

丁寧な力加減で押さえながら、タオルで頭を優しく拭いていきましょう。

タオルドライはとても重要で、これをしないとドライヤーの時間が長くなってしまいます。

ドライヤーの熱によって頭皮が乾燥してしまったり、また熱を帯びてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

タオルで素早くある程度の水分をとってから、ドライヤーでさっと乾かすことを意識してください。

 

温風のドライヤーで乾かす

タオルドライである程度の水分を拭き取ったら、次にドライヤーを使用していきます。

育毛剤の名前が出てこなかったので、育毛剤を塗る前にドライヤーをするのが正解なのだと思っている方も多いことでしょう。

しかし、実はその後もドライヤーを使用していくので、ぜひ最後までご覧ください。

 

では、現時点でのドライヤーのかけ方を説明していきます。

ドライヤーを温風に設定し、髪の毛を乾かしていきます。

ドライヤーで髪を乾かす事はとても重要なことで、髪が濡れたままの状態にしておくと雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

フケやかゆみが発生する場合もあるので、髪の毛をしっかり乾かすようにしましょう。

 

ここでポイントなのは完全には髪の毛を乾かさないということです。

おおよそ80%ほど渇いたと思ったら、1回ドライヤーをやめてください。

 

冷風のドライヤーで乾かす

80%ほど乾いたなと思ったら、次にドライヤーを冷風に切り替えてください。

温風で乾かしすぎると、頭皮が乾燥してしまう可能性があるので、冷風で最後の仕上げをすることでこの乾燥を防ぐことができるのです。

頭皮が乾燥することで毛穴が閉じてしまうので、頭皮が固まってしまうのです。

それが原因で、育毛剤を使用しても頭皮の奥まで浸透する事はなく、効果を実感することができません。

 

冷風で乾かすことのメリットはこれだけではありません。

頭皮の熱を冷ましてくれるので、頭皮が蒸れることなく雑菌の繁殖の危険性も減少します。

育毛するのに必要な成分の蒸発も防いでくれるので、是非この方法試してみてくださいね!

 

また、髪の毛のキューティクルも閉じてくれるのでサラサラな髪の毛を手に入れることもできますよ!

つやつやでサラサラな髪の毛を手に入れたい方は、毎日このやり方で髪の毛を乾かしていきましょう。

 

育毛剤を付ける

やっとか、と思った方も多いことでしょう。

いよいよ、育毛剤を頭皮につけていくのですが、この時、頭皮に熱がこもっていないかを確認してから使用することが大切です。

頭皮に少しでも水分が残っていると、その水分で育毛剤の効果を薄くしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

乾かしすぎも乾燥の原因になるので、注意が必要です。

 

手で触ってみて頭皮がべた付いていないと感じたら、育毛剤をつけてください。

あまり大量に塗る必要はなく、箱の裏面に適切な量が記載されてあるのでその量を守るようにしましょう。

 

最後に、自然乾燥か冷風で髪の毛を乾かす

育毛剤を使用することで、また髪の毛を濡らしてしまうということになります。

育毛剤を付けた後は自然乾燥でも別に構いません。

ただ、タイミングによっては気持ち悪いと思うことがあるかもしれません。

 

例えば、出勤する前に育毛剤をつける時や、就寝する前に育毛剤をつける時は不快に感じる方も多いことでしょう。

このような場合は再びドライヤーを使用しても大丈夫です。

 

ここでポイントなのは、冷風で髪の毛を乾かすことです。

この時は頭皮ではなく髪の毛を乾かす感覚で、ドライヤーを使用してください。

自然乾燥でも冷風のドライヤーで乾かすのでもどちらでも構いませんが、下記では育毛剤の後にドライヤーで乾かしたほうが効果を得ることのできる理由を説明していきます。

 

育毛剤の後もドライヤーを使うべき2つの理由

育毛剤を塗った後にドライヤーを使うことについて疑問や不安を持っている方も多いことでしょう。

 

「本当に育毛剤を髪の毛に塗った後にドライヤーをしても効果はあるの?」

 

「育毛剤を塗った後にドライヤーで乾かしたら、大切な成分まで蒸発しないか心配」

 

「育毛剤を使った後は上がベタつく感覚がするから、ドライヤーで乾かしたい。」

 

「育毛剤の効果が減少しないか心配。」

 

など、様々な思いを抱いている方もいる事でしょう。

育毛剤を使用した後にドライヤーを使うか使わないかで、意見がさまざまに分かれています。

 

このような悩みを抱えている方にオススメなのは、育毛剤を使用した後にドライヤーをすることです。

では次に、なぜ育毛剤を使った後にドライヤーをするのが良いのか、メリットを紹介していきますので、ぜひご覧ください。

 

頭皮環境の悪化を防ぐ

頭皮が乾いていない状態のまま放っておいてしまうと、様々なデメリットを生じてしまいます。

 

  • 水分だけではなく頭皮の熱も一緒に失われてしまうため、血流の流れが悪くなる。
  • 頭皮が蒸れて雑菌が発生しやすくなってしまう。
  • 育毛に大切な栄養が頭皮までたどりつかない

 

などのような影響を与えてしまいます。

自然乾燥している間に水分の蒸発や雑菌が繁殖してしまう可能性があるので、ドライヤーで短時間で髪を乾かすようにしましょう。

頭皮の環境が悪くでは、質の良い育毛剤を使っていても効果を実感することはできません。

 

まずは、頭皮の環境を整えることが大前提です。

ドライヤーでしっかり髪の毛を乾かした後に育毛剤をつけても、再度頭皮が濡れている状態になるので、これにも注意しなければいけません。

 

髪のダメージを防ぐ

髪の毛が乾くんだから自然乾燥でも同じではないのか、と思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、自然乾燥でも髪の毛はしっかり乾いてきます。

普段ドライヤーを使用することがない方は、自然乾燥の方が日常かもしれませんね。

 

しかし、自然乾燥は逆に髪の毛に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

髪の毛のキューティクルが開いた状態のままということなので、水分が蒸発しやすくなってしまうのです。

 

誰もがキューティクルという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

このキューティクルには温度が上昇すると開く特徴を持っています。

そのため、髪の毛を洗った後は開いている状態になっています。

 

いろいろな成分が配合されていても、所詮は育毛剤も成分と同じです。

ですので、自然乾燥してしまうと育毛に大切な成分までも蒸発してしまう危険性があるのです。

せっかく育毛剤を使用して髪の毛の成長を促しているのに、髪の毛が痛んでしまえば効果は何も出ません。

効果を確実に実感するためにも、ドライヤーでしっかり髪の毛を乾かしてあげるようにしましょう。

 

育毛剤とドライヤーのタイミングに関して、絶対外せないポイントは?

上記でドライヤーのタイミングについて説明していきましたが、このタイミングが本当に大切なんです。

順番を間違えてしまえば、質の良い育毛剤を使っていても何の意味もありません。

育毛剤を使用する前後に必ずドライヤーを使用して、頭皮に雑菌が繁殖しないようにしておきましょう。

 

育毛剤を使用した後は、必ず冷風で髪の毛を乾かしてください。

この時ポイントなのは、頭皮ではなく髪の毛を乾かすことです。

 

実は育毛剤を使用しても、その成分が頭皮に届くまでには少し時間がかかってしまうのです。

ましてや温風を当てて乾かすなんてもってのほか!

温風を当ててしまうと頭皮もすぐに乾いてしまうので、育毛剤を使っている意味がありません。

 

せっかく育毛剤を使うのであれば、その効果を確実に実感したいですよね!

そのためには、髪の毛に必要な成分を頭皮にしっかり届けることが大切です。

 

注意!こんなドライヤーの使い方はNG!

育毛剤を使用する前にもしっかり髪の毛を乾かすことが重要なポイントです。

その場合は、ドライヤーを温風に設定して髪の毛を乾かしていきましょう。

 

そしてこの時、注意しなければいけないポイントがあります。

それは、ある部分だけに集中してドライヤーを当てすぎないことです。

一部分に集中して温風を当ててしまうと、頭皮が乾燥しすぎてしまったり、傷ついてしまう危険性があるのでこれは避けましょう。

 

ドライヤーで髪の毛を乾かす際は、全体的にドライヤーの風を当てながら乾かしていきましょう。

一部分に 3秒以上は当てないことを意識しながら、乾かしていくことが大切です。

短時間で乾けば乾くほど、ドライヤーのダメージを髪の毛や頭皮に与える事は無いので育毛剤の効果もより高く実感することができることでしょう。

 

まとめ

今回は育毛剤とドライヤーの当てる順番について説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

皆さんは今までどのような風に育毛剤とドライヤーを使用していましたか?

上記で説明したことを参考にしながら、日々の頭皮のお手入れを継続してみて下さい!

育毛剤とドライヤーの順番を変えるだけでもより高い効果を得ることができるので、薄毛の悩みを解消できるかもしれませんね!

 

*必見!育毛剤人気ランキングをチェックしてみよう!

ミノキシジルの3倍の効果!?キャピキシルが育毛に効くって本当?副作用の危険性は?

天然成分であるキャピキシルに興味がある人は、ミノキシジルの3倍の効果があると言われていることに魅力を感じている人が多いで ...

続きを見る

 







よく読まれている記事

-育毛剤・発毛剤

Copyright© 脱ハゲ!2323(フサフサ)ラボ♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.