育毛剤・発毛剤

フケが多いと薄毛になるって本当?育毛剤でケアできる?使用する上で注意するべき点とは?

投稿日:



フケがたくさん出てしまうと、

 

「不潔に思われるかも」

 

などと気になるので、困っている人も少なくありません。

でも、そのようなフケに関する悩みは、育毛剤で改善できることもあるのです!

 

そこで今回は、フケが出る原因や育毛剤によるフケの改善について、詳しくご紹介していきますね!

 

どうしてフケが出るの?

ではまず、どうしてフケが出てしまうのかご紹介していきますね。

フケが出る原因は、主に2つありますが、フケの種類で原因が違います

まずは、自分のフケの種類を知りましょう。

 

乾燥によるフケ

頭皮が乾燥することによって出るフケが、乾性フケです。

乾性フケは、粉をふいたみたいなフケが、肩に落ちてしまうことがよくあります。

 

頭皮を洗いすぎてしまうことで、頭皮が乾燥してフケが出てしまうのです。

シャンプーをして清潔にしているのに、フケが出てしまうというのはショックですよね。

 

このケースでは、高い洗浄力があるシャンプーを使って洗いすぎている可能性があります。

頭皮の汚れだけでなく、頭皮を守る皮脂も洗い流してしまうことになるので、バリア機能がなくなってしまい、水分をキープできなくなってしまうのです。

その結果、頭皮が乾燥して、乾性フケが出てしまうのです。

 

過剰な皮脂分泌によるフケ

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、フケが出てしまうこともあります。

このフケは、脂性フケと言われていて、乾性フケよりも少し大きめで黄色っぽいです。

 

べたつき感のある脂性フケが出る場合は、体質が原因のこともありますが、頭皮が清潔な状態でないことも脂性フケが出る原因になります。

頭皮は、皮脂分泌が盛んなカラダの部位になるため、頭皮の皮脂や汚れがきちんと取り除かれなかったら、雑菌が増えてしまい脂性フケが出てしまうのです。

 

辛い食べ物や脂っこい食べ物をよく食べる人も、皮脂分泌が増えるので、脂性フケが出やすいです。

 

フケが出ると禿げてしまう?

実は、フケがたくさん出てしまったら、禿げてしまうこともあります。

 

さきほどご紹介した乾性フケは、皮脂分泌の状態が良くないので、粉みたいなフケが出ます。

乾燥フケがたくさん出る場合は、毛根が塞がることもあるので注意が必要です。

 

毛根が塞がったら、かゆみなどが生じてしまうし、髪に栄養が届けられなくなって髪が薄くなってしまうからです。

つまり、乾性フケがたくさん出ると、禿げにつながる可能性があるということですね。

 

それから、脂性フケを生じる皮膚炎は、脂漏性皮膚炎を生じることもあります。

脂漏性皮膚炎になってしまうと、頭皮がかゆくなって赤みが出ます。

つまり、頭皮の環境が悪くなるということなので、脱毛の原因となってしまいます。

 

脂漏性皮膚炎になると、男性型脱毛症であるAGAを生じる可能性もあるため、気をつけてくださいね。

 

フケを育毛剤で改善しよう

フケが出る原因について見てきましたが、次は、育毛剤の使用によってフケが改善できるのかどうか見ていきましょう。

実は、育毛剤をフケの改善として使ったら、フケの改善以外の効果もあるのでご紹介していきますね!

 

育毛剤による頭皮ケアは可能?

育毛剤を使用すると、頭皮のケアができます!

ほとんどの育毛剤には、育毛に対する有効成分だけでなく、頭皮の環境を良くする成分もたくさん含まれているからです。

 

頭皮の乾燥や頭皮の過剰な皮脂分泌によってフケが出るので、育毛剤に頭皮の環境を改善する成分が配合されている場合は、フケも改善されるでしょう。

 

育毛剤で頭皮ケアと育毛ケア

育毛剤を、頭皮のケアやフケの改善のために使用したら、同時に抜け毛や薄毛への効果も期待できるでしょう。

 

頭皮の皮脂や汚れが毛穴に溜まったら、フケが出る以外に、毛根に栄養が届かなくなって抜け毛を生じてしまうこともあるので危険です。

頭皮が乾燥している場合も、外からの刺激によって炎症が生じやすくなるため、フケが出る以外に、抜け毛を生じることがあります。

 

でも、育毛剤を使用して頭皮の状態を改善すれば、頭皮の炎症がおさまったりフケが改善されたりするだけでなく、育毛に有効な成分が毛根へと届けられるので、育毛効果も期待できるのです。

 

育毛剤のフケに効果的な成分

さきほど、フケを改善する成分が配合されている育毛剤が多いということをご紹介しました。

そこでここでは、フケに効果的な成分とはどのような成分なのかお伝えしていきますね。

効果的な成分は、フケの種類で異なるため、自分のフケの種類に効果的な成分を選ぶことが大切です。

 

乾性フケに効果的な成分

乾性フケに効果的な成分は、高い保湿効果がある成分になります。

頭皮が乾燥してしまうと、頭皮の様々なトラブルの原因となってしまいます。

なので、保湿効果のある成分が配合されている育毛剤を選んで、頭皮の乾燥を改善するようにしましょう。

 

保湿効果の高い成分としてよく知られているのは、ヒアルロン酸ですね。

また、植物エキスの成分であるオウゴンエキスやベニバナエキスなどにも、保湿効果があります。

 

脂性フケに効果的な成分

脂性フケは、皮脂が過剰に分泌することが原因で起こります。

脂性フケに効果的な成分は、雑菌が増えるのを防ぐことも踏まえて、抗菌作用、抗酸化作用、消炎作用の働きをする成分になるので、これらの成分が配合された育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

ヒノキの樹脂から取れるヒノキチオールという成分は、抗菌作用や消炎作用の働きがあります。

ユーカリから取れるユーカリエキスという成分にも、抗菌作用、消炎作用、殺菌作用の働きが期待できます。

この成分は、スキンケア商品にもよく利用されていますね。

 

また、アセロラエキスやザクロエキスの成分には、抗酸化作用の働きがあります。

 

育毛剤を使用してフケを改善するときのポイント

ここでは、育毛剤を使ってフケを改善するときのポイントについて、ご紹介していきますね!

フケが止まらないときは、改善方法が合っていなかったり、違う原因がある可能性もあります。

 

頭皮に適した育毛剤を使用する

さきほどもご紹介しましたが、フケを改善するときは、頭皮の状態やフケの種類に適した育毛剤を使用することが大切です。

どの育毛剤でもOKということではありません

 

自分のフケの種類は頭皮の乾燥から生じる乾性フケ、それとも頭皮のべたつきから生じる脂性フケなのかをまずは把握して、頭皮の状態に適した育毛剤を使用するようにしてくださいね。

 

フケが止まらないときは違う原因があることも

育毛剤を使ったりシャンプーの方法を変えたりしてもフケが止まらない場合は、ストレスや体質で皮脂分泌が増えてしまい、頭皮の皮脂腺が集中している箇所に湿疹ができている可能性が考えられます。

 

湿疹ができてしまうと、地肌が赤くなりかゆくなるため、かいて剥がれ落ちる皮膚がフケになるのです。

頭皮に湿疹ができてしまったら、フケが出なくても皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

まとめ

フケが出る原因や育毛剤によるフケの改善についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

フケが出る原因は、頭皮の乾燥、そして頭皮の皮脂の過剰分泌という主に2つの原因があることがわかりましたね。

育毛剤を使用すれば、フケの改善が期待できますが、自分の頭皮の状態やフケの種類に適した育毛剤を選ぶことがポイントです。

フケがたくさん出ると薄毛の原因となってしまうため、できるだけ早く育毛剤を使用して、フケの改善を行ってみてくださいね!

 

*必見!育毛剤人気ランキングをチェックしてみよう!

ミノキシジルの3倍の効果!?キャピキシルが育毛に効くって本当?副作用の危険性は?

天然成分であるキャピキシルに興味がある人は、ミノキシジルの3倍の効果があると言われていることに魅力を感じている人が多いで ...

続きを見る

 







よく読まれている記事

-育毛剤・発毛剤

Copyright© 脱ハゲ!2323(フサフサ)ラボ♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.