成分 ピディオキシジル

ピディオキシジルに育毛効果ってあるの?副作用の危険性は?薄毛ケアに適しているか徹底調査

投稿日:



ピディオキシジルは、高い育毛効果があるということで、薄毛に困っている人たちの間で大変注目を浴びています!

 

でも、気になるのがピディオキシジルの安全性です。

いくら育毛効果が高いといっても、副作用を生じる可能性のあるものを使うのは気が進まないですよね。

なので、ピディオキシジルの成分の安全性を知ることができたら安心です。

 

ということで今回は、ピディオキシジルの育毛効果や副作用の危険性などを、ご紹介していきますね!

ピディオキシジルに興味がある人は、ピディオキシジルが本当に薄毛ケアに適しているのかどうかチェックしてみてください。

 

ピディオキシジルってどんな成分?

ピディオキシジルは、頭皮のケアをするための化粧品の成分になります。

ピディオキシジルの分子の構造は、発毛に効果的だと言われているミノキシジルという成分に似ているので、ミノキシジルみたいな働きが期待できる成分として話題となっている成分です。

 

でも、ピディオキシジルは化粧品の成分なので、発毛や育毛に対する効果が認定されている医薬品でも医薬部外品でもありません

なので、今のところは、ピディオキシジルによる薄毛への効果は期待できないということです。

 

ピディオキシジルは、まるで髪が増える新しい成分みたいに記載されていることもあるのですが、信じすぎないようにしてくださいね。

ただ、ピディオキシジルが化粧品の成分に属するからと言って、全く効果が期待できないとは言い切れません。

 

ということで、次に、ピディオキシジルから期待できる可能性のある働きについて、見ていきましょう。

 

ピディオキシジルから期待できる働き

ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体とも呼ばれている成分です。

どうしてかというと、ピディオキシジルの構造がミノキシジルにとても近いからです。

 

ピディオキシジルは、頭皮の毛細血管を拡げて血行を促すという働きがあります。

縮んでしまった毛細血管を拡げて、髪へ栄養素をしっかりと届けるため、発毛が促されるという仕組みです。

ミノキシジルも、毛細血管を拡げて再生を促すという働きをするため、育毛が必要とする要素が発揮されやすいようにピディオキシジルが開発されました。

 

ただ、ミノキシジルは、頭皮に対する吸収性が良くないというデメリットがあります。

浸透力が重要な育毛剤の場合は、吸収性が良くないとなるとなんだかムダな感じがしますよね。

なので、ミノタブみたいな、摂取して効果が発揮されるタイプの育毛剤も販売されているのです。

 

しかし、ピディオキシジルは、浸透性を良くするように開発されているので、塗るタイプの育毛剤の用途が増えたと言えるでしょう。

 

副作用が少ないことに注目大

ピディオキシジルの成分が話題になっている理由に、副作用が少ないということが挙げられます。

 

日本では、マツゲの育毛剤や美容液にも使われている成分ということからも、その安全性と効果が納得できますね。

マツゲに使用する成分は目に入ることもあるため、育毛剤以上に安全でなければなりません。

 

ただ、いくらピディオキシジルが安全だとは言っても、100%副作用がないとは言い切れません。

新成分なので、副作用に関するデータの数は、まだ少ないからです。

キャピキシルと同様に、ある程度の年数が経過しなければ、実際に体験した人のコメントは出てこないでしょう。

 

また、ピディオキシジルは、自然界の物から取れる成分なので、アレルギーなどの皮膚への副作用が全くないとも言い切れません。

さらに、ピディオキシジルは医薬品成分ではないため、組み合わされる素材も異なります。

成長因子のウミツバメの巣由来のエキス、複数の性質を持つ物、というように今のところは統一性がありません。

 

ピディオキシジルとミノキシジルは何が違うの?

ピディオキシジルは、分子の構造がミノキシジルに似ているとお伝えしましたが、では、ピディオキシジルとミノキシジルは何が異なっているのでしょう?

そこでここでは、それぞれの働き、副作用、購入の仕方について比べていきますね。

 

働きを比較

ミノキシジルは、髪の成長をコントロールする毛乳頭を刺激して、発毛を促進するという働き、そして血管を拡げるという働きが認定されています。

 

一方ピディオキシジルは、育毛効果や発毛効果が認定されていないし、ピディオキシジルに期待できる可能性がある働きも、実際には休止期の髪を成長期に移動させるものとなっています。

 

つまり、ミノキシジルの主な働きとピディオキシジルの働きは、違うということですね。

 

副作用を比較

ミノキシジルは、医薬品に含まれる成分なので、副作用を生じる可能性がある成分です。

その副作用は、臓器に悪影響を与える可能性もあるので、副作用に注意する必要があります。

 

一方ピディオキシジルは、化粧品成分なので、医薬品に使用される副作用という単語は当てはまりません。

つまり、ピディオキシジルは、副作用の可能性がないということですね。

 

しかし、肌に合わなければ、かゆみなどが生じることがあります。

また、100%安全だとは言い切れないということも、忘れないでくださいね。

 

購入の仕方

ミノキシジルが配合されているものは、第一類医薬品に属します。

なので、医師や薬剤師の手ほどきを元に買わなければなりません。

医療機関、ドラッグストア、通販サイトでは、指定のステップに従って購入することになります。

 

一方ピディオキシジルは化粧品の成分なので、医師や薬剤師の手ほどきがなくても購入することが可能です。

 

ピディオキシジルは将来に期待される成分

さきほどもお伝えしたように、ピディオキシジルの薄毛に対する効果は、今のところは認定されていません。

なので、ピディオキシジルが配合されている商品からは、頭皮の状態を整えたり、髪にハリやコシを与えたりする効果のみ期待できるということです。

 

でも、ピディオキシジルは副作用が少ないし、育毛業界でも注目を浴びている成分なので、今の時点ではなく将来の働きを期待するくらいにしておいてくださいね。

 

ピディオキシジルが配合された商品をご紹介!

ここでは、ピディオキシジルが配合された商品をご紹介していきますね。

今回ご紹介するのは、フィンジアとBOSTONスカルプエッセンスという商品で、通販サイトで手軽に購入可能な商品となっています。

 

フィンジア

フィンジアは、ピディオキシジルとキャピキシルが配合されている話題の商品となっています。

通常価格は税込で12,800円、定期購入価格は税込で9,800円です。

容量は、50mlで1~2ヶ月分になります。

フィンジアには、30日間の返金保証が付いているので安心ですね。

 

フィンジアは頭皮への刺激が少ないので、ゆるやかに働きかけます。

頭皮を健康にキープしたり、髪にハリやコシを与えたりする効果が期待できるでしょう。

 

 

BOSTONスカルプエッセンス

BOSTONスカルプエッセンスは、ピディオキシジルなど頭皮をケアする成分が5つも配合されています。

 

通常価格は税別で9,800円、初回購入価格は税別で980円、2本目からは税別で8,800円に設定されています。

容量は、60mlで約1ヶ月分になります。

BOSTONスカルプエッセンスにも、45日間の返金保証が付いているので安心ですね。

 

BOSTONスカルプエッセンスには、天然成分植物エキスが含まれているので、頭皮に低刺激となっています。

初回購入価格はなんと980円になり安心の返金保証も付いているため、手軽に試すことができますね。

 

 

まとめ

ピディオキシジルの育毛効果や副作用の危険性などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ピディオキシジルは新しい成分で、医薬品や医薬部外品ではなく化粧品の成分に属するため、今のところはピディオキシジルによる薄毛への効果は期待できないようですね。

 

ただ、全く効果が期待できないと言うわけではなく、ピディオキシジルには、頭皮の毛細血管を拡げて血行を促すという働きがあるので、髪へ栄養をしっかりと届けて発毛が促されるという可能性があります。

また、ピディオキシジルは、浸透性を良くするように開発されていて、さらに、副作用が少ないということも大きな特徴です。

 

なので、ピディオキシジルの育毛作用を過剰に期待しないようにして、ピディオキシジルが配合されている商品を利用してみると良いでしょう。

 

ランキング
【2019年決定版!】男性用育毛剤口コミで人気おすすめランキング!

あなたは育毛剤って使ったことがありますか? 最近では、ドラッグストアやネット通販でも手軽に購入できるようになり、一昔前に ...

続きを見る

 







よく読まれている記事

-成分, ピディオキシジル

Copyright© 脱ハゲ!2323(フサフサ)ラボ♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.